努力が報われない人が結果を速攻で出す方法

どうも、佐藤英明です。

 

今回は努力が報われない人が

どうすれば、努力が報われるようになるのか

その方法を紹介します。

 

私のように無駄な努力をして報われずに

自己否定の連続をするような地獄の日々から

少しでも早く脱出するための方法です。

●努力の方向性を間違ってないか?

で、努力をしても必ずしも報われないのは

その人が正しい努力の方向性に向かっているか

どうかで決まるからです。

 

運とか才能とかは正しい方向に向かって努力した先で

トップクラスの仲間入りをする時に関係するくらいで

普通に個人で稼ぐとか、自分の好きなように生きるくらいなら

必要ないものです。

 

社会人だと資格の勉強をするとか、出生のために頑張るとかが

間違った努力ですね。

 

目的が自分の好きなことを楽しむ人生を手に入れることなら

自由な時間と自由なお金を手に入れる方法を

学ぶことが正しい努力の方向性です。

 

資格を取っても、結局労働からは開放されないし

ライバルがめっちゃ多いです。

 

今の社会では出世しても給料がほとんど上がらないし

リストラやトラブル、病気や怪我をした時に

一気に稼げなくなります。

 

サラリーマンは時間と労働力を提供する代わりに

給料をもらうビジネスモデルですので、

労働地獄から開放されることもありません。

 

あなたの上司を見てみれば分かると思いますが、

たとえ出世しても責任だけが大きくなって

給料とストレスと仕事量が合っていないはずです。

 

サビ残は当たり前で、頭のおかしいクレーマーに

ペコペコ頭を下げ続ける上司を見て、私は就職したくない

気持ちが一層高まりましたね。

●私も昔は努力が報われない人間だった

私は昔、努力しても全然報われない人間でした。

 

真面目に授業を受けて、しっかりノートを取ったり

掃除もサボらずにやってました。

 

しかし、テストでは一夜漬けで勉強した

普段からいい加減な生徒の方が良い点数を取ってましたし、

サボった生徒の代わりに掃除をしてたら

教師に「早く掃除を終わらせて帰れ」と私の方が

怒られるという謎の体験をしました。

 

本当に普段から真面目に生きているのに

人がその人を判断することに関しては

「努力が報われない」という生きる希望を

失う絶望の連続でした。

 

今から思うと「その努力の仕方じゃ報われないのは当然だわ」

って思うのですが、当時の私は努力さえすれば

報われると勘違いしていました。

 

教師や親も努力しろとは言いますが、

勉強をしろと言うだけで具体的な努力の仕方は

教えてくれませんでした。

 

例えば、学生時代の私は授業は真面目に受けて

ノートもしっかりとって、教科書に大切なことを

メモったりしていましたが、テストでは平均点くらいでした。

 

中学からいきなり英語の授業が始まり

何をやったら良いのか分からず

私はテスト範囲の英文を全部丸暗記してました。

 

当然、全部を暗記することはできず、

教科書の文章以外の応用問題が出たら

太刀打ちできませんでした。

 

外国語を学ぶ上で最初に必要なのは

単語と発音するために外国語の音声を聞くことなんですが、

単語なんて覚えずに1文章ずつを覚えていました。

 

ちょっとでも単語が変われば意味を理解できなくなり

そりゃあ、テストで良い点数を取るのは

今思えば無理なのは当たり前の話なのです。

 

しかし、当時の英明君は一生懸命ノートを取って

文章を丸暗記しようと紙に文章を書いてました。

 

また、テストは英語だけではなく、国語、数学、理科、社会に

音楽、家庭科などがあり、どれから勉強した方が良いのかも

分からずにテスト日が近いの科目から順番に覚えるようなことを

してました(笑)

 

学校の授業も何のために勉強するのかも分からずに

「とりあえず、親がうるさいから勉強するか~」

というノリでした。

 

テストで点数が取れないから学習塾にも

真面目に通いました。

 

ですが、それぞれの科目の勉強は授業してくれますが、

勉強のやりかた自体を教えてくれることは

ありませんでした。

 

塾でも学校と同じでノートを取ったり

先生の話を聞くのですが、肝心なアウトプットの

頻度が少ないので、テストを思い出すことができずに

点数が上がることはありませんでした。

 

塾で渡されるテキストも「面倒くさいな~」

と、ハードルが高くて家に持ってかえるだけの

ゴミクズとなってました。

 

勉強するメリットを具体的に提示して

勉強するハードルを下げて、ちょっとでも良いから

インプットをして、歩きながら学んだことを

思い出す訓練をする。

 

この勉強法を学生時代に学んでいたら

私は学年でもトップクラスの仲間入りを

していたことでしょう。

 

高校生に勉強合宿にたまたま参加して

英単語を集中的に覚えて点数が取れるように

なった時は「単語を覚えるだけで点数は取れるんだ!」

と、至極当然のことにようやく気づきました(笑)

 

でも、勉強法自体は相変わらず

ノートを真面目にとって、教師の話を聞くだけで

インプットを最低限するけど、アウトプットする頻度が

圧倒的に足りてませんでした。

 

そして、普段いい加減に授業を受けてる奴が

一夜漬けの勉強をした方が、テストで良い点を取ってました。

 

今では正しい努力の仕方と勉強法を学んだことで

ネットで半自動で稼ぐことができるようになりました。

 

新しいことに挑戦する時も「とりあえず、やっているかマインド」で

今まで行動できなかったのが嘘のように少しづつでも

行動できるようになっています。

 

●間違ったやり方をすると努力が報われない

結局、現在の自分の立ち位置を把握して

何か問題があるなら、今やっていることや考え方が

間違っている場合がほとんどです。

 

才能とか運とかじゃなくて

勉強法だったり、稼ぎ方だったり、思考法が

間違っている可能性が非常に高いです。

 

ビジネスでも儲からないビジネスモデルを選ぶと

どんなに努力したって儲からないのです。

 

今から百貨店ビジネスをやろうと思っても

利益率0・43%のビジネスをやりますか?って話です。

 

大手百貨店のそごうの利益率は1%切ってます。

 

1億円の売上に対して43万円ってことです。

 

アフィリエイトなら同じ利益でも

売上なら45万円ほどで達成できます。

 

1億円売り上げるのと45万円売り上げるのでは

どっちが楽でしょうか?

 

努力が報われそうなのは、どっちでしょうか?

 

あなたに必要なのは個人で稼ぐスキルと

そのスキルを磨くための勉強法です。

 

同じ努力なら報われる努力をしましょうよ。

 

私は努力をする人の味方です。

----------------------------------------------------------------------------------

私は高卒フリーターでもネットで100万円以上稼いでいます。
しかし、
ネットで100万円を稼いでいるって
超怪しいですよね。

お前には特別な才能や技術があったんだろ?とよく言われます。
私はビジネスのことなんて一切分からなかったし、
マンガを古本屋に売ったこともありませんでした。
文章を書くことも苦手で小学校の作文は超絶苦手で四苦八苦してました(笑)

自分に自信がなく他人に誇れるものは何もない
コミュ障ぼっちな私でもパソコン1台で100万円以上の
利益を稼げるようになりました。

自信もついて新しいことに挑戦できるようになって
プライベートでも良い状態になっています。
結局、才能ではなく慣れなんですよね。

特別な才能がない人でも稼げるし

何もない人間であっても学べば誰でも自信を得て稼げる
私、佐藤英明がネットで100万円を稼ぐ過程を下記の記事で公開中です。

→ネットで100万稼げた佐藤英明の行動理念

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

高卒フリーターがネットで100万稼いだ物語



-----------------------------------------------------------------------------------------

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です