時間を有効に使うための効率的な勉強法とは?

どうも、佐藤英明です。

今回は受験勉強から資格やビジネスの勉強まで

使える時間を有効に使うための勉強法を紹介しようと

思います。

 

●1日は24時間だが、勉強できる時間は増やせる

時間を分割することで、短い時間でも勉強する時間に

することで、勉強した結果と繰り返しによる

記憶の定着率を高めることができます。

 

昔の私もそうだったのですが、

勉強するのは1時間単位で考えていました。

 

この考え方だと今の時間が12時20分だとしたら

「もう20分もたってるから勉強しない」と

12時00分を開始時間にしたら残りの40分を

捨ててネットサーフィンしたり、漫画読んで

「今日もなにも勉強できなかった・・・」

自己嫌悪になっていました。

 

「俺には才能がない」「やっぱり俺はバカなんだ」

と、自分が嫌になってましたね。

 

他人から否定されること辛いですが、

自分で自分の存在を否定しすぎると

「うつ」になります。

 

才能がないんじゃなくて、勉強する方法が

間違っているから成果がでないだけでした。

 

勉強に限らず、ダイエットでも外国語の習得でも

もちろん、仕事でも同じことが言えますが、

「最初に取り掛かるまでが大変」

ということです。

 

例えば本を1日50ページを読もうと

目標を立てたとします。

 

でも、仕事が忙しかったり、体調が悪いと

「本を50ページも読むのか~面倒くさいな~」と

思うんじゃないでしょうか?

 

私は目標を立てるけど、目標自体が高く設定しすぎて

1回にこなすタスクのハードルが高いと感じてしまい

結局、目標値よりも少ないか、全く何の勉強もしない日々を

過ごしていました。

 

で、「同じ24時間なのに結果を早く出す人との違いはなんだろう?」と

考えて、いろいろ調べることで私の勉強法に

間違いがあることがわかったのです。

 

冒頭でも紹介した時間を分割するという

たった5分でも良いから本を数ページ読むとか

5分でも時間があるなら本を読んだり、音声を聞いたり

ブログ記事の構成やタイトルを考えるなどの

勉強に関する時間に使うことで

全く勉強をしない日はなくなりました。

 

もちろん、やる気やモチベーションが低い日も

当然ですがあります。

 

そんな時は勉強になる音声やモチベーションが上がるBGMなどを

聞いてテンションを上げています。

 

で、気分が乗ってきたら、「とりあえず、やってみるマインド」で

本を読んだり、ブログ記事を書いたりします。

 

やる気やモチベーションって、そんなに長続きしないもので

車で例えると、ガソリンのようなもので

定期的に外部から刺激を与えて補給しないと

動けなくなるのと同じ原理です。

 

やる気やモチベーションって内部から発生するものじゃなくて

「この人も頑張っているから自分も頑張ろう!」

「自分よりも年下で始めたのが遅いのに結果を出していて悔しい」

「この考え方は勉強になったから、速攻でアウトプットしよう」

とか、音声や情報を外部から取り入れることで

脳が活性化するので、やる気やモチベーションが湧かない時こと

とりあえずでできるレベルまでタスクを分解するのが重要です。

 

  1. 音声を5分聞く
  2. ブログを100文字でも良いから書く
  3. 本をレジ待ちの間に数ページでも読む

など、スキマ時間を勉強する時間に

変えるだけで勉強に関する時間を増やすことが

できます。

 

そして、一度に長時間の勉強をするよりも

人は接触回数が多いほうが記憶率が上がりますので、

5分本を読んで、歩きながら読んだ内容を思い出す

訓練をするとインプットとアウトプットの鍛錬も可能です。

 

日本人って本を読んだり情報を仕入れるインプットは

する人はいるんですが、思い出したり・誰かに話したり

こうやってブログに書いたり・動画にしてアウトプットする人は

圧倒的に少ないです。

 

インプットしてもアウトプットしないと

人は覚えない生き物ですから、

「今日は大量に本を読んだけど内容ってなんだっけ?」

みたいに勉強はしたんだけど身に付いてないケースが

多いんですね。

 

昔の私も本を読んだりセミナー動画で学んでも

覚えたはずの内容を思い出すことができずに

「俺はダメなやつなんだ~」と自己嫌悪の連続でした。

 

自分がダメなんじゃなくて、勉強法がダメで

例えば、音声やセミナーをiPodやスマホに入れて

家事をしている時や移動中などイヤホンを耳に突っ込んで

とにかく勉強に関する情報にいつでも触れられるように

しました。

 

すると、洗濯物を畳みながらコピーライティングや

マーケティングの勉強をすることができました。

 

で、お風呂に入りながら今日1日で学んだことを

思い出して誰かに話せるように脳内で他人に教えている

イメージを繰り返していました。

 

誰かに教えるって最高のアウトプットで

完全に理解していないと教える際に

論理が破綻したりして相手も納得できませんからね。

 

相手が疑問に思ったり腑に落ちないなら

説明不足だったり、何かを忘れている可能性が

ありますからね。

 

まあ、全ては「とりあえず、やってみるかマインド」で

やってみることが大事です。

 

ネットビジネスはとりあえず、やってみるかマインドで

始められるビジネスモデルが多いので

何の資産も学歴も人脈もスキルもない人間でも

始められるのがメリットですよね~

 

人生死ぬまで勉強ですから

取っ掛かりさえ掴めれば

あとは作業興奮で本をどんどん読みたくなったり

ブログ記事を書いてみたくなるものです。

 

とにかく、1個1個のタスクのハードルを下げて

5分単位で勉強するスタイルに変えれば

仕事や家事が忙しくても、何かしら学べますからね。

 

お互い頑張っていきましょう!

----------------------------------------------------------------------------------

私は高卒フリーターでもネットで100万円以上稼いでいます。
しかし、
ネットで100万円を稼いでいるって
超怪しいですよね。

お前には特別な才能や技術があったんだろ?とよく言われます。
私はビジネスのことなんて一切分からなかったし、
マンガを古本屋に売ったこともありませんでした。
文章を書くことも苦手で小学校の作文は超絶苦手で四苦八苦してました(笑)

自分に自信がなく他人に誇れるものは何もない
コミュ障ぼっちな私でもパソコン1台で100万円以上の
利益を稼げるようになりました。

自信もついて新しいことに挑戦できるようになって
プライベートでも良い状態になっています。
結局、才能ではなく慣れなんですよね。

特別な才能がない人でも稼げるし

何もない人間であっても学べば誰でも自信を得て稼げる
私、佐藤英明がネットで100万円を稼ぐ過程を下記の記事で公開中です。

→ネットで100万稼げた佐藤英明の行動理念

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

高卒フリーターがネットで100万稼いだ物語



-----------------------------------------------------------------------------------------

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です