学校の勉強なんて社会に出たら何の役にも立たない

どうも、佐藤英明です。

 

今回は多くの人が疑問に思っている

学校の勉強が役に立つのか立たないのか?に

ついてです。

 

●学校の勉強なんかよりビジネスの勉強が重要でしょ!

私の意見は学校の勉強なんか社会に出てからは

何の役にも立たないと思っています。

 

だって、サイン・コサイン・タンジェントとか

いつ仕事で使うんだって話だし、歴史の年号とか

覚えたって何か人生が大きく変わりましたか?って

学校の勉強が役に立つと言う人に聞きたいです。

 

日本の学校は優秀な上司の言うことを聞くロボットを

量産することが目的ですから、自分の考えとか排除して

学校の先生の言うことを忠実に聞くような教育と言う名の

洗脳教育をしています。

 

私はビジネスの勉強を通して抽象度を高めたおかげで、

間接的に学校の勉強は意味があると思えるようには

なりましたが、普通に学生生活を送って就職したら

仕事に活かすことはできません。

 

学校教育は優秀なサラリーマンを育てるために

決められた期間内で仕事を完成させることを求められます。

 

これが学生時代だと定期テストで合格点を取るということです。

 

学校でテストをやる理由は、「期限内に覚えること覚えてるの?」

って、確認なんです。

 

社会に出たら、仕事の締切は必ずあるから

期限内に仕事を完了させてねってことを

学生時代から徹底的に叩き込んでいるわけですが、

正直、学校の勉強そのものの内容自体が役に立つことは

ありません。

 

期限内に仕事を終わらせるためには

事前に準備をしておく管理術だったり、

効率よく物事を覚える勉強法だったり、

同級生や先生、テストとの良好なコミュニケーション能力が

必要だし、学校では上記のスキルを定期的に

実践の場としてテストができます。

 

しか~~~~~~~~し!

肝心な自分の将来に役に立つ管理術や勉強法自体を

学校の先生は教えてくれません!

 

教えるのは死ぬまで使うことがなさそうな古典とか漢文とか

機械的に覚える日本史の年号とかバカなんじゃないの?って

思います。

 

そんな応用の効かないことなんて教えてないで

自分の目標を達成する方法だったり、他人を動かすスキルだったり

お金を稼ぐためのビジネスの勉強の方が100万倍重要でしょう!

 

日本は資本主義社会なんですから、お金を稼いでなんぼです。

 

それなのに片言の英語しかしゃべれない先生から

英語を習っても意味ないでしょーよ。

 

優先順位を間違えまくっています。

 

まあ、大企業や政府にとっては

自分で物事をしっかり考えて行動できる人が

増えると仕事や法律に違和感を感じて抵抗されるから

ロボット人間の方が管理しやすいからなんです。

 

学校の先生も親もこんなことは知らないから

とりあえず「学校の勉強をしろ!将来困るぞ!」

って言うわけです。

 

自分は過去の栄光にすがっているだけで

現時点では勉強も成長もしていない奴に

「お前は努力しろ!俺はもう勉強する必要はないからな!」

とか言われても、やる気になるわけないじゃないですか。

 

やっぱり、目の前で子供に努力している姿とか

「昔は俺もダメダメだったけど、勉強法とか思考法を

勉強してからはどんどん行動できるようになったし、

考え方も前向きになれて良かったよ」

とか、現在進行系で努力している大人がいれば

子供もやる気になるっしょ。

 

●学校の先生は世間を知らない

そして、重要なのが学校の先生は

学校の先生以外の仕事をしたことがない

ということです。

 

学生時代にバイトはしたことはあるかもしれませんが、

サラリーマンになって自分が習った勉強がどれだけ

役に立つのか知らないわけです。

 

国語の先生は教育免許を取ってからは

ずっと国語に関することだけ教えているから

学校の勉強が役に立っている状態です。

 

でも、直接学校の勉強が役に立つ職業って

ほんと学校の先生か、塾講師か学者や研究者くらいで

多くの人は雇われのサラリーマンになるので

直接的に学校の勉強が役に立つ人はいません。

 

正社員でも結局はバイトの延長線上でしかなく、

やることが増えたり、責任感だけが大きくなるだけで

バイトでも経験を積めば社員の仕事もできます。

 

管理職だって、全然従業員の管理ができずにいますからね。

 

中小企業だと社長の仕事はマーケティングと管理をすることなのに

セールスの勉強をせずに数撃ちゃ当たる戦法で

セールスマンのやる気を削ぐような、いい加減な

マーケティングをしている社長が多いです。

 

学校の勉強も会社にとりあえず3年勉強することも

あなたの人生に直接的に役に立つことはありません。

 

あくまでも、ビジネスの勉強をして抽象度を高めて

物事の全体像を俯瞰してパクれる内容や反面教師として

始めて役に立つわけで。

 

まずは日本は資本主義社会なんだから

直接お金を稼ぐ方法を勉強するのが一番役に立つ勉強です。

 

特にインターネットを活用してネットビジネスの勉強は

リスクも低く、初期投資も少なく始められるので

おすすめです。

 

ビジネスの勉強の良いところは勉強した先に

明確なメリットがあるからです。

 

学校の勉強を一生懸命頑張ると良い会社に入って

給料の良い将来が待っていると、親や学校の先生は言いますけど、

ニュースで流れてくる情報を目にして

大企業に就職しても全然安泰じゃありませんよね?

 

大量のリストラや事業の転換、過酷な労働やサビ残など

全然将来が明るいイメージが湧いてきませんよ。

 

でも、親も学校の先生も「学校の勉強をして就職する」

生き方しか知らないから、子供に脊髄反射的に「勉強しろ!」

としか言えないわけです。

 

勉強しろって言うなら、勉強するメリットを提示して

その勉強を効率的にクリアできる勉強法だったり、

自分が行動できるように管理する管理術だったり、

他人からなめられない方法や好きな子と仲良くなる方法とかを

子供でも分かるレベルで大人が手本として見せるのが

筋だと思います。

 

まあ、親も学校の先生も今のあなたと同じく

親や学校の先生から「とにかく勉強しろ!」としか

教わってないので、仕方がないっちゃあ

仕方がないのかも知れませんが、自分でも疑問に思ったことを

疑問を解決せずに子供に教えるのっておかしいでしょ。

 

要は日本の社会構造を把握せずに

自分を成長させる勉強や努力をしていないから

「勉強しろ!」というテンプレしか言わないんですよ。

 

だから、親や学校の先生も全くの素人だから

学校の勉強よりもビジネスの勉強をした方が良いです。

 

学校の勉強を頑張って良い成績を取って

良い大学に入るメリットって学歴が

●●大学卒業って肩書が手に入るだけで

卒業したら、ほとんど意味がなくなるものですけどね。

 

未だに学歴主義の会社もありますが、

そんな糞の役にも立たないものよりも

ビジネスの勉強をしてマーケティングとセールスの勉強を

すれば、新卒で入って速攻で月収100万円の給料をもらえるように

なったりします。

 

1つ数十万円の高額商品でもビジネスの勉強をしっかり

学んでいれば、ちょっと前まで学生だった新卒でも

月に4~6件くらい安定して売れるスキルが

手に入れることが可能です。

 

社長としては学歴だけの新卒と

実際に自社の商品をトップセールスマンと同じレベルで

売ってくれる新卒どちらが欲しいと思いますか?

 

ほとんどの社長は後者の商品を売れる新卒でしょう。

 

商品を売れるスキルを学べば、ネットビジネスで個人だけで

稼ぐことは思いっきり簡単にできます。

 

むしろ、自動化の仕組みを作れる分

ネットビジネスの方が効率的に商品を売ることができます。

 

本当に自分のやりたいことがあってそのために勉強している

学生って10%もいないんじゃないでしょうか?

 

大抵は「学校行きたくね~」「休んでても単位が取れないかな~」

とか、何のために大学に入ったんだって思う人ばかりです。

 

これって勉強するメリットが分からず

努力して頑張ることが無駄だと思っているからです。

 

みんな本音では「学校の勉強なんて何の役にも立たない」

って、思っているけど、みんなが学校の勉強は大事だし

就職できなくなるからという理由だけで

ロボットのように言われたことを疑問に思わないようにして

生きているだけなんですよ。

 

もっと本音で語って生きようよ。

 

人生が二度あるなら、親や学校の先生の言う通りに

生きればいいでしょうが、人生はたった一度しかないんですから、

疑問に思うってことは心の何処かで違和感がある証拠です。

 

他人の考えや意見なんて無視して

自分のやりたいことや理想の生活はどのような生活なのか?

それを達成するための方法をないのか?を

考えることから全てが始まります。

 

自分の立ち位置を把握して自分の理想の生活を

達成するために必要なことを書き出して

1つづつ達成していく。

 

ビジネスの勉強って最初は面倒くさいな~とか

難しそう・・・とか思っていましたが、

本質を理解して、要素の分解や抽象世界と現実世界の行き来を

したりできるようになると、ビジネスの勉強って楽しいと

思えるようになりました(笑)

 

最初は下手くそでも良いから新しいことに挑戦して

自分の将来に直接的に役に立つ勉強をした方が

人生の充実度が高いよねって話でした。

----------------------------------------------------------------------------------

私は高卒フリーターでもネットで100万円以上稼いでいます。
しかし、
ネットで100万円を稼いでいるって
超怪しいですよね。

お前には特別な才能や技術があったんだろ?とよく言われます。
私はビジネスのことなんて一切分からなかったし、
マンガを古本屋に売ったこともありませんでした。
文章を書くことも苦手で小学校の作文は超絶苦手で四苦八苦してました(笑)

自分に自信がなく他人に誇れるものは何もない
コミュ障ぼっちな私でもパソコン1台で100万円以上の
利益を稼げるようになりました。

自信もついて新しいことに挑戦できるようになって
プライベートでも良い状態になっています。
結局、才能ではなく慣れなんですよね。

特別な才能がない人でも稼げるし

何もない人間であっても学べば誰でも自信を得て稼げる
私、佐藤英明がネットで100万円を稼ぐ過程を下記の記事で公開中です。

→ネットで100万稼げた佐藤英明の行動理念

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

高卒フリーターがネットで100万稼いだ物語



-----------------------------------------------------------------------------------------

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です