メルマガ無料講座

高卒フリーターでもネットで100万稼いだ無料ビジネス講座


【書評】学びを結果に変えるアウトプット大全|要約と感想|樺沢紫苑

どうも、佐藤英明です。

今回は樺沢紫苑さんの学びを結果に変えるアウトプット大全の

要約と感想を話していきます。

で、本書の結論なんですが、

「完璧主義をやめて、アウトプットしろ」

ということです。

理由は読書やセミナーを聞いたりするインプットだけでは

記憶に定着せずに、知識を自分の血肉にできないからです。

昔の私がそうだったのですが、ビジネス書や自己啓発本を読んだり

するのですが、肝心な内容を全く覚えておらず

何の努力を努力もしていない人よりも頑張っているのに

結果が出ないことで自己嫌悪になっていました。

一回読んだら覚えていると自分の記憶力を勘違いしていたことに

全く気づきませんでした。

というか確認をするのが怖かったというのが

本音ですかね。

もし、インプットしたことを確認して覚えていなかったら

自分の努力が無駄になると思ってました。

でも大事なのは今の自分のできることを確認して

できないことをできるようにすることなんですよね。

長年の義務教育で失敗することに恐怖するように

なっていたので、1回で覚えられない自分は

バカなんだと認めたくなかった。

学校のテストとは違いビジネスは何度でも挑戦できるのが

メリットなので、師匠に出会ってからは

「勉強は反復学習が基本。覚えられなかったら、また覚えれば良い」

と学んでからは、何度も同じ動画や本で勉強するようになりました。

そして、ブログ記事にしたり動画にしたり

自分が学んだことをひたすらアウトプットするようにしました。

話したり、書いたりするには、ちゃんと覚えてないと

全く話したり書いたりできません。

ネットビジネス初心者の人に

「ブログやYouTubeで何を書いたり話したりすれば分かりません」

という人が多いです。

「分かりません」ではなくて、ちゃんと相手の悩みを調べたか?

解決策を学んだか?と私は言いたいです。

要は何も分からない人って単純に勉強不足なだけです。

そもそも読書や音声学習などしてない人が多すぎますが、

過去の私のように勉強してるけどインプットばかりで

全然アウトプットしていない人は結果が出てませんね。

アウトプット7:インプット3

大抵の人はインプット9でアウトプット1とか

下手するとアウトプット0なんて人も多いです。

よく速読してたくさんの本を読んでいるけど

全く自分の生活に知識を活かしてない人って

いますけど、あれが典型例ですね。

知識を得ることが目的になってますが

私達は知識を活用して自分のビジネスで

稼いで自由になることです。

読書やセミナーは目的を達成するための手段なので

インプットばかりしていても何も生活は

変わりません。

インプットしたことを話す・書く

インプットしたら他人に話したり、文字にして書いてアウトプットしましょう。

私もYouTube、ブログ、Twitterを使ってアウトプット重視で

やっています。

実際にアウトプットしてみれば分かりますが、

覚えているようで話したり書いたりしてみると

「あれ?全然覚えてないぞ?」と自分の習得度を

理解できるので、忘れてしまった部分を再度復習します。

大学受験とは違って何度だってやれば良いんですよ。

ネットビジネスは初期費用も毎月の維持費もめちゃくちゃ低いので

経済的に致命傷にならないので、学んで実践して結果を元に再度実践することが

簡単にできるのがメリットですからね。

家族や友達がいないとか話たくないなら、

スマホの録音機能を使って学んだことを簡単に

話してみてください。

で、自分の話していることを聞くと

反省点が見つかります。

「元気なさそうに話してるな」

「あ〜、え〜とか多いな」

「自分の意見や経験が少ないな」

とか、いろいろ発見があると思います。

ブログをいきなり書くのが難しいのなら

Twitterで良いです。

Twitterは140文字までしか書けないので

要点だけを絞ってまとめる力もつきますからね。

アウトプット大全の中では紙にペンで書いた方が

記憶に定着すると言っていますが、

そもそも内容を思い出したり、話せないと書けないので

効率が悪いです。

私は紙に書きません。

確認のために書くことはあっても

覚えるために紙に書く必要性が低いからです。

紙に書くより話したほうが2〜3倍早いです。

記憶に定着させるには回数をこなしたほうが良いので

私はYouTubeを使って大事なことを何度も

しつこいくらいに話してます。

同じことを10回以上話していれば

勝手に覚えますよ(笑)

完璧主義をやめて行動しやすくする

アウトプットするために話したり書いたりするわけですが、

ここで完璧主義を発動させて行動できない人が後を絶ちません。

だから完璧主義をやめてハードルを下げて

行動しやすくする必要があるわけです。

私も行動できなかった時はなんでも完璧にやろうとして

ハードルを勝手に高くして、ハードルが高く感じて

勝手に自滅するということを繰り返してました。

やろうと思っても行動できない。

「自分を良くするために頑張っているのに

飲んだくれてる人よりも苦しまなきゃいけないんだ!」

と、真っ暗の中をさまよい歩いてましたね。

私はビジネスの勉強と共に細分化する能力を

身につけました。

例えば、ブログを1記事3000文字書こうとします。

で、一気に3000文字を書くのは気持ち的に

「面倒くさいな〜」「キツイな〜」と思って

中々行動できずにYouTubeやニコ動を見て

1日が終ってしまって後悔するわけです。

だから私はブログのタイトルだけ書くとか

冒頭のあいさつだけ書くとか

めちゃくちゃハードルを下げて

「これくらいなら、簡単にできるじゃん!」

と思えるくらい行動の細分化をします。

で、慣れてきたら記事を300文字だけ書こうとか

徐々にハードルを上げていけば良いのです。

3000文字って書こうと思うと

1時間位はかかってしまうので

やる前からやる気がなくなっていきます。

一気に3000文字を書こうとするんじゃなくて

500文字を6回に分けて書けば1回のハードルが

下がるので行動しやすくなります。

人ってやるまでが大変なんですが、

やってみたら「あれ?意外とできちゃった」

なんてことが多いです。

私も動画撮影面倒くさいな〜と思ってたけど

実際に撮影しはじめたら、30分くらい普通に

話していることがザラにあります。

やっているうちに作業興奮という脳の構造上

もっとやりたい気持ちになるので

「これくらいなら、できそうだな」と

思える目標設定が大事なわけです。

行動できない人ってやる前から

「自分にはできない」「面倒臭そう」

と思ってやらないだけですからね。

せっかく読書やセミナーに参加して

インプットしても完璧主義になって

ハードルを高く設定しすぎて、アウトプットできないだけです。

才能やセンスじゃありません。

行動できるように簡単なレベルまで

落とす考え方を勉強したかどうかです。

ちょっとの差で勝てるのが情報発信ビジネスの良い所です。

大抵の人は勉強していないし

勉強している人でもインプットばかりで行動しないないし

行動しようと考えてる人でも完璧主義になって行動できてませんからね。

昔の私や懇親会で会う人達のほとんどが

全然アウトプットしてませんから

アウトプットするだけ勝てます。

----------------------------------------------------------------------------------

私は高卒フリーターでもネットで100万円以上稼いでいます。
しかし、
ネットで100万円を稼いでいるって
超怪しいですよね。

お前には特別な才能や技術があったんだろ?とよく言われます。
私はビジネスのことなんて一切分からなかったし、
マンガを古本屋に売ったこともありませんでした。
文章を書くことも苦手で小学校の作文は超絶苦手で四苦八苦してました(笑)

自分に自信がなく他人に誇れるものは何もない
コミュ障ぼっちな私でもパソコン1台で100万円以上の
利益を稼げるようになりました。

自信もついて新しいことに挑戦できるようになって
プライベートでも良い状態になっています。
結局、才能ではなく慣れなんですよね。

特別な才能がない人でも稼げるし

何もない人間であっても学べば誰でも自信を得て稼げる
私、佐藤英明がネットで100万円を稼ぐ過程を下記の記事で公開中です。

→ネットで100万稼げた佐藤英明の行動理念

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

高卒フリーターがネットで100万稼いだ物語



-----------------------------------------------------------------------------------------

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする