【書評】メモの魔力の要約とレビュー:ビジネスで成功するための抽象化能力

どうも、佐藤英明です。

 

今回はメモの魔力の要約とレビューを

ビジネス視点からしていきます。

 

結論から言うと、メモを使って

具体世界と抽象世界の行き来をして

他人の事例やビジネスモデルを参考に

新しいアイデアを生み出すというのが

メモの魔力で一番大事な部分です。

 

私が色んなメディアで話している

抽象化と具体化ですね。

 

抽象・具体ができるようになると

めちゃくちゃ応用力がつきますから

何も知らない人から見たら、地頭力のある人だと

驚かれるようになったりします。

 

例えば、AKB48とディズニーと私のビジネスモデルは

実は同じことをやっています。

 

これは集客→教育→販売というビジネスの型に

当てはめて、フリーコンテンツで認知してもらって

感情的価値でファンになってもらって、リピーターに

なってもらう流れが抽象化と具体化ができると

他のジャンルに応用ができます。

 

結局、ビジネスの型や成功する型を知ってないと

メモっても抽象化できず、自分のビジネスに応用できません。

 

ちょっとリサーチしてブロガーさんの書評を見てみたんですが、

「この著者は前田さんよりも行間が詰まっているな!」という

抽象化したのですが、とんでもなく転用できてません。

 

コンテンツを見る時は感情的価値と機能的価値の視点から

どっちの割合が多く、どんなことを話しているのかという

抽象度の高い型に当てはめて、具体的な事例を参考に

パクるのが、他人をぶち抜く考え方です。

 

型とはフレームワークであり、思考力でもあります。

 

なんの型もない人が考えても、トンチンカンなアイデアしか

生まれずギャンブル的なビジネスしかできません。

 

私はビジネスで結果を出すためにビジネスの型を学んで

他人のビジネスや成功事例から考え方をパクって

自分のビジネスに転用しているわけです。

 

だから、ネタには困らないし

新しいジャンルに挑戦する時でも

あまりに需要が無いジャンルじゃなければ

成功させる自信があります。

 

この自信が生まれる理由は抽象化と具体化を型を使って

自由に行き来して、自分のビジネスに応用できてる人が

あまりにも少ないからです。

 

アイデアって全く新しい誰も考えつかなかったことを

思いつくことだと勘違いしている人が多いですが、

アイデアとは組み合わせです。

 

AとBの方法の一部をかけ合わせてCにしたり、

Aという方法を抽象化して美容業界から飲食店に取り入れて応用する

といった感じで、型を知っている人からしたら

「成功している人は他人のビジネスをパクるの上手いな〜」

と、思っています。

 

私は仕事でも勉強でも私はメモをめちゃくちゃ取ります。

 

自分の記憶力を信用してないからですね。

 

せっかく学んだのに忘れて全然稼げなかった時期が

あったので、自信をどんどん失って自己嫌悪に

なって悪いスパイラルに入っていたからです。

 

一発で覚えようとして完璧主義を発動させて

結局、覚えられなくて挫折する。

 

ネットビジネスの懇親会でも結果を出せない人が

あまりにも多いと感じたのは、勉強したことを

全く覚えてなかったからです。

 

今回、メモの魔力は記録的なメモは当然として

知的生産性を高めるためのメモ術になっています。

 

が、ビジネスの型を覚えてないと

どうやって考えたら良いのかが分からないので

「自分は良く物事を考えてる!」と勘違いしたまま

ビジネスをして「あれ?なんで成功しないんだ?」と

原因不明のまま失敗する人が多すぎます。

 

昔の私は自分では考えてる方だと

思ってましたが、思考力を鍛えてからは

「昔の自分は全く考えてなかったわ(笑)」

と、思うほど間違った方向に突き進んでました。

 

サクッとビジネスの型を学んだ方が

メモの魔力の大事な知的生産性を上げる

抽象度の高い思考ができるようになって

ちゃんとビジネスで使えるアイデアを

出すことができるように私はなりました。

要点1、メモには2種類あり、知的生産のメモが大事

事実を元に型に当てはめて他ジャンルのビジネスでも使えるようにする。

 

特に情報発信ビジネスは経験や知識がコンテンツネタになるので

相性が抜群です。

 

ビジネスの型を覚えてから抽象度の高い思考ができるようなって

恋愛ビジネスから学んだことを飲食店の売上アップに応用できたり

して楽しいです。

 

私もAKB48の成功法則を型に当てはめて抽象化し

情報発信ビジネスに転用しています。

 

あとはコンテンツ作りには神話の法則や扇動などの型を

覚えて、使っていますが本当に型を覚えると

他人に真似されないのに他人のビジネスをパクリ放題に

なりますからね。

 

一般人にはパクってると思われません。

 

だって型を覚えてないから抽象度の高い思考ができないから。

 

普通の人は恋愛とビジネスの成功法則がほとんど一緒だと気づかないし

ブログの書き方とTwitterの書き方とYouTubeの動画コンテンツの作り方が

一緒だと気づいてません。

 

抽象化能力が低いとブログはブログの書き方を覚えて

TwitterはTwitterの書き方を覚える必要があると

思っているので、応用力がなくスピードが遅くなります。

要点2、抽象化することで知的生産性が上がる

物事を抽象化できないと全く応用力がつかずに

ノウハウや小手先のテクニックばかりに踊らされて

めちゃくちゃスピードが遅いです。

 

また具体的な情報は多くの人が発信しているが

 

要点3、メモによる自己分析をして、自分がやりたいことを明確化する

メモすることで自分の考えが文字になり具体化されることで

自分が何を考えているのか明確化される。

 

やっぱり自信がないとネガティブなことをメモってるし

目標がないとメモの内容に一貫性がない。

 

私はビジネスの勉強をして自分に自信が持てるようになって

他人の役に立つコンテンツを作ることが楽しいと思えるように

なれたので、「これを他人が知ったら、人生楽しくなるんじゃね?希望湧くんじゃね?」

という視点でメモってアイデアを出している。

 

----------------------------------------------------------------------------------

私は高卒フリーターでもネットで100万円以上稼いでいます。
しかし、
ネットで100万円を稼いでいるって
超怪しいですよね。

お前には特別な才能や技術があったんだろ?とよく言われます。
私はビジネスのことなんて一切分からなかったし、
マンガを古本屋に売ったこともありませんでした。
文章を書くことも苦手で小学校の作文は超絶苦手で四苦八苦してました(笑)

自分に自信がなく他人に誇れるものは何もない
コミュ障ぼっちな私でもパソコン1台で100万円以上の
利益を稼げるようになりました。

自信もついて新しいことに挑戦できるようになって
プライベートでも良い状態になっています。
結局、才能ではなく慣れなんですよね。

特別な才能がない人でも稼げるし

何もない人間であっても学べば誰でも自信を得て稼げる
私、佐藤英明がネットで100万円を稼ぐ過程を下記の記事で公開中です。

→ネットで100万稼げた佐藤英明の行動理念

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

高卒フリーターがネットで100万稼いだ物語



-----------------------------------------------------------------------------------------

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です